スタッフ

代表取締役 川端 薫

 

テレビの創成期のころに、これからはテレビの時代だと映画産業からプロダクション業務へと転身した、先代を引き継ぎ、ケィ・サイドと名称を変更してから15年が経過しました。

 

先代の遺志を引継ぎプロダクション業務、舞台・映像作品の制作の充実化についで、新人育成を目指してケィ・サイドNextを立ち上げて3年が経過しました。

 

まだ発展途上ですが、既存の俳優・女優陣に負けじと新しい人材が芽吹いてきています。

 

前途のある会社です。あなたもその一員として我々の仲間になりませんか?

 

お待ちしています。

 

 

 


 

小田 竜世

 

娯楽の中心が、映画からテレビになる時代がありました。

現在のエンタメ業界はそれ以上の大きな変化を迎えています。

SNSを活用したコンテンツ。舞台ならば2・5次元と言う新しい表現。

 

しかし、どの時代にも共通して不変なものは基本と対応力だと思っています。弊社の俳優部は、質の高い基本力と対応力、そして60年の歴史を経験値に変え、あらゆるジャンルの作品に、お力添え致します。

 


 

剛 たつひと

 

「明日ひま?」

俺の役者人生は、この一言で始まった。

何の事なのか判らず「ひまですけど、何か?」と聞いたら

「明日、オーディションあるんだけど行って見る?」だった。

 

もし用事でもあって、そのオーディションに行っていなければ、

俺は此処にはいない。

 

日本テレビ「でっかい青春」に生徒としてレギュラー出演が決まり、18歳で役者デビューした。

 

「進め青春」「飛び出せ青春」「炎の青春」とシリーズは続き、

その後、数えきれないほどのテレビドラマ、舞台に出演させて頂いた。

 

デビューから、52年、様々な方々のお力添えで今ここに居られる。

自分一人の力じゃない、人と人との出会いが俺を活かしてくれた。

 

御礼を言わなければならない方が大勢いる、それが俺の財産だ。

 

チャンスは誰にでも来る。しかし、誰もが掴める等と言う事は無い。

 

掴んだ人だけが、後にそれをチャンスだったと知る。

 


 

星乃 しほ

 

 

 SNSWEBコンテンツのサポートをしています。

 

目先の利益だけを求める事はせず、

家族のように役者のベストを共に考えられる会社です。

 

 

みんなで知恵や夢を持ち寄って

より良い会社を作ってゆけるよう尽力させていただきます。